京人形 本家 かつら ロゴ 雛人形紹介ページへ 五月人形紹介ページへ 市松人形紹介ページへ 京人形紹介ページへ 干支人形紹介ページへ 商品紹介ページへ 地図へ ホームへ
有職御雛京人形司 本家 かつら
京・三條・高倉
電話 075-221-6998
FAX 075-252-5630
京人形について頁ロゴタイトル
お店紹介ページへ こだわりページへ 京人形についてページへ 京人形作り体験ページへ お問合せページへ
京人形について頁イメージ画像
 
 
宝鏡寺・人形塚
臨済宗尼問跡寺院で、通称、百々の御所と呼ばれる。
昨今では人形の寺として名高く、境内に人形の供養塔もできている。


人形発祥の地といわれる京都。
その歴史をさかのぼると、平安時代の貴族社会で用いられた雛(ひいな)に辿り着きます。
雛というのは、子供達のままごと遊びの人形で、宮中ではミニチュアの御殿や調度をしつらえ、そこに雛を配して着物を着せ替えたり、参内(さいだい)の真似ごとをして楽しむ雛遊びが行われていました。この雛は、今の姉さま人形のようなものと考えられ、簡易な手遊び人形ですが、京人形の源流にあたります。
この雛が、それまでの土偶や埴輪、それに形代(かたしろ)といった人形と決定的に異なるのは、人の身代わりとなって埋葬されたり災いやけがげれを引き受ける「ひとがた」でなく、幼児の遊びの対象となる愛玩人形であることです。
雛は呪術の束縛を離れ、人形が持つ可愛らしさによって、幼児に愛される新しいタイプの人形として登場したのです。

雛は雛遊びとともに、平安時代以降、京都の貴族社会の中で連綿と続きますが、江戸時代に入ると新しい展開をとげます。
すなわち雛遊びは三月三日(上巳)に行われるようになり、手遊び人形であった雛は、座り姿の立派な雛人形へと変化したのです。雛祭の成立です。
これは人形が単なる玩具人形から、子供の誕生や成長を祝う節句人形へと変化したことを物語ります。一方、雛人形が女児の節句人形とられたのに対し、男児は五月五日(端午)に飾兜や武者人形が作れました。

江戸時代には、こうした節句人形のほか、次々と新しい人形が京都で生まれ、人形文化が花開きます。
まず、材料に木を用いた木彫系列の人形として、木彫に彩色をした嵯峨人形、裂地を木目込んだ賀茂人形、胡粉仕上げをして白い肌を強調した御所人形が作られました。御所人形は、更に練物(大鋸粉製)や張子で量産されます。
また、布地を主体とした衣装人形には、雛人形、武者人形のほかに風俗人形、市松人形などが出現しました。
西陣という高級織物の産地を持つ京都は、衣装表現に布地を用いる衣装人形の産地として理想的な条件を備えており、品格の高い優れた人形が数多く生み出されました。
このほか、洛南伏見では、稲荷山の土を焼いて作る伏見人形も作られています。
こうして、江戸時代に京都で生まれた人形は、日本人形の基本体系を確立しました。
まさに京都は、日本人形の故郷と言えます。

明治以降も、これらの人形の多くは伝統的技法を保ちながら受け継がれ、優雅な趣を讃えています。
これは、時代時代を生き抜いてきた京人形師たちの熱い心と技が、京人形の中に息づいているからにほかありません。
そして、その心と技は、今も変わることなく、高められ磨かれているのです。
  ◇ 雛人形
平安時代より、貴族子女の遊興に用いられ、次第に調度を配し、華麗豪華になった。
 
  ◇ 風俗人形
代表的な衣裳人形で、題材は女性の風俗を中心に、能、狂言、演劇、舞踏に取材したものが多い。
◇ 市松人形
子供の姿をした衣裳人形。着せ替えが可能、手足の屈伸自在な仕組のものもある。
 
  ◇ 五月人形
端午の節句に飾られる。
鎧・兜は、先祖の武道の象徴としての意味を持つ。本物の甲冑をhとんどミニュチュア化している。
◇ 御所人形
三頭身の用事の裸形が多い。
江戸時代に創始された。
公家や勅使などが
大名達に返礼用に多く送った。
 
 

  手足師    
 
   
 
   
人形の手足をつくる。桐の木を削り、針金を差し込んで指の「振り」をつける。胡粉・ニカワを数回塗り(地塗り)、指を掘り出し肉感をつけ、爪に朱をさす。
 
  髪付師    
 
   
 
   
髪の材料は生糸。熱したコテとクシを巧みに操りながら、できあがった頭に髪を植えつけていく。艶を出し、整え結い上げていく技術は、精妙なものである。
 
  頭師    
 
   
 
   
頭は型どりから始まる。桐や杉野木粉をふ糊で練り方抜きにする。ガラスの目を入れ、掘り出しや研き、胡粉塗りをくり返し最後に口朱、眉毛、髪の生え際を描く。
 
  甲冑師    
 
   
 
   
すべて本物と同じ材料を使い、昔ながらの道具、工程で作り上げる。一番最初に針作りをする、切断した鉄板を打ち出し、縁をひねり出す、針の形に鋲で止める。
 
          着付師            
     
               
         
   
最終工程である着付の仕事は、まず人形作りのプロデュースから始まる。
人形の面相から手足、衣裳まで作品全体の意匠をまとめる。頭、手足ができたあがったところで、着付師の胴づくりが行われる。衣裳には人形用に特注された豪華な西陣織や友禅などが用いられその柄の選定、裁断、縫製がなされ、手足をつけるとともに着付がなされる。
 
  武者人形着付師    
 
   
 
       
  小道具師    
 
   
 
   
材料はすべて本物と同じ物を使う。昔ながらの顔料を使い、昔ながらの手順で仕上げてゆく。
 
  御殿花(桜、橘)    
 
   
 
   
羽二重を染色した色紙で裏打ち裁断の跡、熱したコテで葉、花を作り絹平糸、針金で枝を巻き木組に差込む。
 
  三宝    
 
   
 
   
柾目の檜材を厚味を一定に仕上げ、熱湯で柔らかくし丸型に仕上げる。仕上りに遠山・金粉を施す。
 
  金襴(西陣織)    
 
   
 
   
西陣織の中でも代表的な織物の一つで、錦地斜紋組織にて模様を織り込み、金箔金糸によって製織したもの。
 
  飾馬    
 
   
 
   
凹型に和紙を貼って胴を作り足を付ける。調製紙を貼り、和紙を揉んで毛とます。
端午の節句に使用される。
 
  張子の虎    
 
   
 
   
凹型に和紙を貼り、胡粉を値って顔料で彩色を施し、ニスで仕上げる。五月の端午の節句に使用される。
 
  屏風    
 
   
 
   
下地は杉、和紙で下張し蝶番で継ぐ、裏は裂や絹、表は本金箔や金紙を張る、縁は錦織。塗椽、飾金具を打つ。
 
 
  お店紹介 │ こだわり │ 京人形について │ 京人形作り体験 │ お問合せ │ ホーム  
アンダーバー
リンクページへサイトマップページへ Copyright (C) 2005 Kyo-ningyo The Original Maker Katsura All Rights Reserved.